NISAのロールオーバーってどうやって知るの?

NISAの期間は2023年までです。

運用期間は当初から決まっていたことではありますが、これからはじめる方にとっては残り僅かな期間になってきましたね。

この期間迄は、すでにNISAの運用をしていて5年の期限が切れたものでも、ロールオーバーの制度が利用できたのですが、これからNISAをはじめる方はあまり関係ないと言えるでしょう。

それではNISAの期限が切れる一体どうなるのでしょうか?その場合はいったん売却するか、もしくは課税対象の普通口座に移行するかのどちらかになります。

非課税の口座と課税される口座間で株や投資信託を移し替えることで、最終的な売却時の支払いがどうなるかをいくつか考えておくといいでしょう。

まだ間に合うNISA口座開設を考えているなら、まず最初に検討すべきことはどこを利用するかということでしょう。

NISA口座は一人一つしか持てませんので、NISAに対応している金融機関の中から、どこが一番いいか厳選する必要があります。

一番有力な候補としては証券会社ですね。

特にネット証券は手数料が安いのでおすすめです。

単純に安さだけに固執するのではなく、キャンペーンなども合わせて比較することをおすすめします。

例えば売買にかかる手数料を無料にするというものもありますし、キャッシュバックキャンペーンなどを行っている場合もあります。

投資金額がさほど大きくないのであれば、キャンペーンで決めるのも1つの方法です。

NISAは解約できるのか知りたいと言う方もいるかと思いますが、解約手続きは可能ですのでご安心ください。

但し解約するには条件があり、残高があると解約はできません。

証券会社や銀行などによって、解約手続きは多少違うと思いますが、廃止手続きの手順に従って進めることになります。

もう少し具体的にお知らせすると、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類と一緒に送付します。

必要な書類は、申し込みをした段階で送付されてきます。

いつでも解約できるという点は、原則60歳まで解約することができないiDeCoとの大きな違いです。

解約しやすいということは、始めやすいとも言えますよね。

NISAを銀行でやろうと思っている方って実際にはどれぐらいいらっしゃるのでしょうか。

取引先の銀行とのお付き合いで…ということでなければ、手数料が安くて取扱い金融商品が豊富なネット証券が良いと思います。

もちろん、ゆうちょや銀行など身近にある金融機関では、NISAの始め方から丁寧に教えてくれますから、面と向かってやり取りした方が安心という方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISAの特徴である税金を引かれないというのは、最終的に支払うコストが低くなるというメリットですから、折角ですので手数料が安くなる可能性も追求したいですよね。

なるべくリスクを低くすることも考えて銀行か証券会社かを決めましょう。

NISAのリスクについて説明します。

まず一つ目は、NISAの仕組み自体にリスクが隠されています。

NISAは利益に対して非課税というのが最大のメリットなのですが、損失が出てしまったときに損益通算ができません。

これは源泉徴収ありの特定口座でも同様なのですが、NISAには5年間という期限があるところです。

期限間際に一般の口座に移動させることはできるのですが、その場合、含み損が発生していたとしても考慮されないのです。

一度処分した後、再び買い戻したりする必要があるかもしれません。

そして忘れてはいけないのが、金融商品自体がもっている性質そのものによるリスクというのは当然あります。

契約済みのNISAを別の証券会社や銀行に変えたというケースがあると思います。

NISAの口座は制度が開始した当初より少し変わりまして、1年に1回変更できるようになりました。

もしくは、通常のNISAをつみたてNISAにチェンジしたいという場合があるかと思いますが、こちらの手続きも1年に1回変更可能となっています。

ここでポイントとなるのが、変更前に買った株や投資信託などの金融商品が、変更する時に強制的に解約しなければいけないのかどうかだと思います。

結論から申しまして、そこは大丈夫ですのでご安心ください。

前年度に買った金融資産はそのまま持ち続けることが可能です。

ただし、NISAという枠組み自体の制限は忘れないように気を付けましょう。

NISAに失敗してしまうのはどのような原因があるのか気になりますよね。

NISAの仕組みによって失敗してしまう可能性、金融商品自体がそのもののリスク、NISAの仕組みによるデメリットを避けたいと思うことで非合理的な行動をとってしまった場合のリスクの3点です。

NISAの仕組みによる失敗ものと言えば期間終了時に含み損が出ていた場合に、そのまま通常口座に移行させ株価が値上がりしてしまうと、値下がりした後の金額が基準になっていることから利益がでたとみなされ、含み損があるのにも拘らず課税されてしまうことです。

金融商品自体が抱えているリスクというのは、NISAに限らず金融商品は値下がりしたら損するということです。

3つ目のNISAの仕組みによるデメリットについてですが、120万円の枠内におさまるように投資先を考えるといったタイプの思考法のことです。

NISAが始められるのは2023年までです。

これははじめから決まっていたことではありますが、これから運用をはじめる方にとってはあと僅かな期間になってきました。

この期間までは、5年の期限が切れたものでも、ロールオーバーの制度が利用できたのですが、これからはじめる方はこの制度は利用できないと考えて良いでしょう。

ではNISAの期限が切れるとどうなってしまうのか気になりますよね。

その場合は売却するか課税のある普通の口座に移行するかのどちらかになります。

非課税口座と課税口座の間で移行させることで、最終的な売却時の支払いが損になるかならないかを見極めましょう。

投資に興味がある方はNISAのはじめ方から勉強してみるのがいいかもしれません。

ただはじめるだけであれば、ご近所のゆうちょや銀行の支店などでもはじめることができます。

とはいえ本当にただはじめるだけならということなので、収益を上げることを念頭に置いている方には、ネット証券で口座を開設しましょう。

基本的に銀行やゆうちょなどで取り扱っている金融商品は、ローリスクローリターン型の投資信託です。

初めての方には良いと思いますが、収益を考えた場合物足りないかと思います。

独占の金融商品に興味があるとかでなければ、ネット証券がおすすめです。

NISAとは簡単に言うと、株や投資信託などの取引を活発にして家計と経済を回していくために利益がでたら非課税にしますよという仕組みです。

日本で始まったのは2014年で、年間で120万円という金額が非課税で売買できる枠となります。

もっと詳しく言うと日本に住む20歳以上となっていまして、ひとつの口座のみを持つことができます。

課税されないというのは素敵な響きですが、配当金や分配金や譲渡益といったものが対象です。

5年間までという制限があるのですが、現在保有しているも金融商品をNISA口座に移動させるということは残念ながら不可能です。

まだ間に合うNISA口座開設を考えているなら、まず最初に考える必要があるのは、どこを選ぶかということでしょう。

NISA口座は一人につき一つしかもてないので、対応している金融機関の中でどこが一番自分にとってよいのかを厳選する必要があります。

一番おすすめなのは証券会社ですね。

ネット証券は手数料が安いので特におすすめです。

あとは、単純に安さだけではなくキャンペーンなども合わせて比較すると良いですよ。

例えば売買にかかる手数料を0円になるというものもありますし、キャッシュバックがある場合もあります。

投資金額がさほど大きくないのであれば、キャンペーンで決めるのも1つの方法です。

今契約しているNISAを別の証券会社や銀行に変更したいというケースがあると思います。

NISAの口座はスタート当初より少し変更になっていて、1年に1回だけ変更可能になりました。

もう一つは通常のNISAをつみたてNISAに変更したい場合やその逆があると思いますが、こちらの手続きも先程と同様に1年に1回変更が認められています。

ここで心配になるのは変更前に買った株や投資信託が、変更する時に強制的に解約する必要があるかどうかです。

でもそこは大丈夫なのでご安心ください。

前年度に買った金融資産はそのまま持ち続けることが可能です。

もちろんNISAという枠組み自体の制限はあるのでその点は注意が必要です。

NISAと積立NISAの違いは、現物株やいろんな投資信託が扱える通常のNISAと違って、投資できる商品が限られています。

積立NISAは投資信託しか扱えませんが、その中でも手数料が低く分配金を頻繁に支払うタイプではないという特徴を持っていて、販売手数料がかからないこと、長期分散投資に適している公募投資信託か上場株式投資信託ETFであることなどに限定されています。

また、投資上限も年40万円までと決まっています。

上限が少ない代わりに非課税投資枠が20年間まで最大800万円迄となっています。

通常のNISAと併用することができないというのも気を付けなければいけないポイントです。

NISAで1万円から始めたいと思っています。

貯金だけでも仕方ないしいくらかは投資してみるかな。

といったことはよく言われていますが、本当のところ少額の投資では少額の取引自体のリスクがあったりします。

株式取引を例に考えてみますと、株ってやろうと思った人には分かると思うのですが結構大きな額が必要です。

そうなるとお金がある程度ある人にしか参加できませんし、一社をこれだと思って選んだとしてもそれが正しいかどうかはなってみないと分からないですから、バランス投資というのが言われていますが数億数千万円あるわけではないのでどうやっても限界はあります。

投信であればバランス投資を実現できますが仕組み化している分若干ですがコストが増えてしまいます。