NISAは利益に対して課税されないというのが最大のメリット

NISAで取引可能な商品はというと、ざっくりと3つに分けることが

株、投資信託、ワラント債というものに分けられます。

株と一口に言っても、リスクが高い信用取引は含まれませんし、割と低リスクとされる債券も対象外になっています。

外貨MMFなども含まれていませんし、情勢不安の際でも安定している金やプラチナなど先物やオプションも対象外です。

FXなどのハイリスク型の商品ももちろん含まれません。

NISAという商品が生まれた理由ですが日本では預金する傾向がとても高いため、預貯金する分を投資に回すことができれば、経済全体が活性化するのではと考えられて作られたのだそうです。

つみたてNISAという仕組みが後から生まれたことから鑑みても長期的に投資資金に回されることが狙いのようですね。

NISAとジュニアNISAにはどのような違いはあるか知っていますか?通常のNISAというものは自分のために口座開設をして投資するものです。

一方、ジュニアNISAは、0歳から19歳までの子供やお孫さんのために、親権者などが代理で運用していくしくみになります。

NISA口座が開設できない未成年のための仕組みという面と、子供や孫の備えという2つの面があります。

ジュニアNISAには18歳まで払い出しができないという制限があり、未成年口座名義人が20歳である1月1日を迎えた時点で自動的にNISA口座に変更されるという特徴があります。

ジュニアNISAの制度が終わっても、20歳になるまで引き続き非課税というのは大きなメリットですね。

NISAの口座開設を検討しているなら、まずはじめに考えるなくてはいけないことは、どこを選ぶかということでしょう。

NISA口座というものは1人につき1つしか持てないので、対応している金融機関の中から厳選する必要があります。

一番おすすめなのは証券会社ですね。

特にネット証券は手数料が安いのでおすすめです。

単純に安さだけで決めてしまうのではなく、キャンペーンなども合わせて比較するといいですね。

例えば売買にかかる手数料がかからないというものもありますし、キャッシュバックがある場合もあります。

投資金額が大きくないのであればキャンペーンを重視するというのも一つの手です。

NISAのリスクは主に2つあります。

まず一つ目は、NISAの仕組みです。

NISAは利益に対して課税されないメリットがありますが、損失がでたときに損益通算ができません。

これは源泉徴収ありの特定口座でも同様なのですが、NISAで注意しなければいけないのが5年間という期限があるところです。

期限を迎える前に一般口座に移動させることはできるのですが、含み損が出ていたとしても考慮されないのです。

一度処分した後、再び買い戻したりする必要があるかもしれません。

あとは金融商品自体にリスクというのは当然あります。

NISAで投資をするにあたって1万円から始めたいという需要は一定以上あるようです。

現金だけでも家計には限界があるし投資も考えないといけないかな。

といったことはよく言われていますが、本当のところ少額の投資では少額の取引自体のリスクがあったりします。

株を例にとってみると、実際株ってものによっては数万ぐらいから数十万ほど必要になるんです。

となるとお金がないと参加は難しいですし、特定の1つの会社がどうなるかなんてそこまで信頼できることでもありませんから、ある程度の資金があるとしてもやはり機関投資家ではないので限界はあるわけです。

投資信託がメニューに入っている理由がここで分かるのですが低予算でもバランス投資ができます。

NISAを利用する最大の理由は非課税だからですよね。

NISAの利点を十分に活用するために、NISA投資のルールをきちんと確認しておきましょう。

毎年120万円の非課税枠が与えられますがこれは使い切りです。

枠という言葉がよく使われるので勘違いされやすいのですが、例えば30万円の株を買ったとして、後に売却しても30万円分の枠は返ってこないということになります。

もしかしたら誤解しているがいるかもしれませんので、解説すると、120万円までという枠ですから、合計120万円を超える商品は購入することはできません。

また、枠自体を持越しすることは不可ですので、年内に使いきれなかった分が、翌年増えるということにはなりません。

NISAと積立NISAの違いは、積立NISAは現物株や色々な投資信託が扱えるNISAと違って、投資可能な商品が限定されています。

積立NISAは投資信託しか扱えませんが、中でも分配金が頻繁に支払われるタイプではないという特徴を持っていて、販売手数料がゼロであること、公募投資信託か上場株式投資信託ETFであることなどに限定されています。

また、投資上限も年40万円迄ですからかなり違いがあると言えますね。

上限が少ない代わりに非課税投資枠が20年間まで最大800万円迄となっています。

通常のNISAと併用できませんのでお気を付けください。

NISA運用で5年後どうするかは大きな問題です。

というのもNISAは最長5年間と決まっているからです。

期限が切れたらそこでおしまいというわけではありません。

その時に一度売却してしまうというのが分かりやすいですね。

翌年のNISAの新しい枠で運用を続けることができます。

これらの他には通常の証券口座に移行するというのも可能です。

この決められたNISAの投資枠をどうするかは、考え方は人それぞれなので正解はこれだと決められませんが、含み損がでているものを通常の証券口座に移すと、損益通算ができないことによるリスクがあることは知っておいてください。

NISAのリスクには大きく分けて2種類があります。

まず一つ目がNISAという仕組み自体が抱えているリスクです。

NISAは利益に対して課税されないというのが最大のメリットなのですが、損失がでたときに損益通算ができないというデメリットがあります。

これは源泉徴収ありの特定口座でも同じですが、NISAには5年間という期限があるところです。

満期までに通常の口座に移動させることはできるのですが、そのときに含み損がでていたとしてもそれが考慮されないのです。

一度売ってから買い戻したりする必要があるかもしれません。

あとは金融商品自体がもっている性質によるリスクというのは当然あります。

NISAを銀行では始めようと思っている方って、どれぐらいいるのでしょうか?取引先の銀行とのお付き合いで始めるとかでないのであれば、手数料が安くて取扱い金融商品が豊富なネット証券が良いと思います。

もちろん、ゆうちょや銀行など身近にある金融機関では、NISAってどういうもの?というところから丁寧に説明してくれますので、そのほうが安心して運用できるという方もいると思いますのでダメということではありません。

NISA最大の特徴である税金を引かれないというのは、結局のところ、支払うコストが低くなることに繋がりますから、折角なら手数料が安くなる可能性も上げていきたいところです。

可能な限りリスクを抑えることも考えて銀行にするかどうか最終決定をしましょう。

NISAで取引できるものといえば、ざっくりと分けると株、投資信託、ワラント債になります。

株でもリスクが高い信用取引は含まれませんが、比較的低リスクと言われる債券についても対象外になっています。

比較的人気のある外貨MMFなども含まれていませんし、情勢不安の際に強いと言われている金やプラチナといった先物やオプションも対象外です。

そして、FXなどのハイリスク型の金融商品も含まれません。

NISAという商品が生まれた理由ですが日本では預金する傾向がとても高いため、その分を投資に回すことができれば、経済全体が活性化するのでは?という想いから誕生したそうです。

つみたてNISAという仕組みが後から生まれたことから鑑みても長期的に投資資金に回されることが狙いのようですね。

NISAの失敗にはどのようなものがあるか気になりますよね。

大きく分けるとNISAの仕組みによって起こる可能性があるもの、金融商品自体そのものが抱えているリスク、NISAの仕組みを活かしきれず逆効果になってしまった場合のリスクの3点です。

NISAの仕組みによる失敗について説明すると、期間終了時に含み損が生じていた場合に、そのまま通常口座に移行させると値下がりした後の金額が基準になってしまい余計に課税されることです。

金融商品自体がはらんでいるリスクというのは、NISAであろうがなかろうが値下がりしたら損だよねということです。

NISAの仕組みによるデメリット見誤り非合理的な行動をとってしまうリスクというのは、NISAの120万円という枠におさまるように投資先を考えるタイプの思考法のことです。

NISAのメリットといえば非課税ですが、その一方でデメリットもあります。

それは「NISAは損失の繰り越しができない」ということです。

含み損のある状態で期限である5年を迎えてしまった場合、証券会社の場合、特定口座か一般口座へ引継ぎとなりますが、NISAの場合、引き継ぐ際に手数料こそかかりませんが、その値段で新たに買ったという扱いになります。

50万で買った株が含み損で25万円になった場合、引き継ぎ時には25万円で買ったことになり、仮に30万円で売却したとすると5万円分が利益という扱いになってその5万円から税金が引かれるということになるんです。

ですから実際に引継ぎをする場合でも含み損がでていれば一度決済してから買い戻すのが現実的かもしれません。

そういう手間や手数料といった意味での総合的なコストが実際的なデメリットと言えそうです。

NISAに興味がある方は、はじめ方から調べていくことをおすすめします。

はじめるだけであれば、最寄のゆうちょや銀行などでもはじめられます。

とはいえゆうちょや銀行の場合、本当にただはじめてみるだけ、という人にしかオススメできませんので、収益を上げることを念頭に置いている方には、ネット証券で口座を開設しましょう。

銀行やゆうちょなどで扱っている金融商品というのは、ローリスクローリターン型の投資信託になります。

悪くはないのですが物足りなさは拭えません。

独占の金融商品に興味があるとかでなければ、ネット証券がおすすめです。