NISAの解約可否について気になるという方もいらっしゃると思います

解約手続きはできますのでご安心ください。

但し解約するには条件があり、残高があると解約はできません。

証券会社や銀行などによって、解約手続きは多少違うと思いますが、廃止手続きの手順に従って進めることになります。

もう少し具体的に言うと、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類といっしょに送付することになります。

必要な書類は、申し込みをした段階で送付されてきます。

いつでも解約できるというのは、原則60歳まで解約不可なiDeCoと大きく異なります。

解約しやすいということは、それだけ始めやすいとも言えます。

NISAの口座開設を考えているなら、まずはじめに考えるなくてはいけないことは、どこを選ぶかということでしょう。

NISA口座は一人につき一つしか持つことができませんので、対応する金融機関の中からどれが一番いいか厳選する必要があります。

一番おすすめなのは証券会社ですね。

ネット証券は手数料が安いので特におすすめです。

単純に安さだけに固執するのではなく、キャンペーンなども合わせて比較することをおすすめします。

例えば売買にかかる手数料を0円になるというものもありますし、キャッシュバックキャンペーンを開催している証券会社もあります。

投資金額があまり高額でなければ、キャンペーンを重視するのもありです。

NISAと積立NISAの違いについて簡単にいうと、現物株やいろんな投資信託が扱える通常のNISAと違って、投資できる金融商品が決まっています。

積立NISAは投資信託のみになりますが、中でも手数料が低く、分配金を頻繁に支払うタイプではないという特徴があり、販売手数料がゼロであること、長期分散投資に適している公募投資信託であることなどに限定されています。

投資上限についても年40万円までと決められていますからかなり違いがあると言えますね。

投資上限は低いですが、非課税投資枠が20年間まで最大800万円までという特徴もあります。

通常のNISAと併用することができないというのも気を付けなければいけないポイントです。

NISAの期間は2023年までです。

当初から決まっていたことではありますが、これから運用をはじめる方にとってはあと僅かな期間になってきました。

2023年になるまでは、すでにNISAをやっていて5年の期限が切れたものでも、ロールオーバーで持越しをすることが可能でしたが、これからはじめる方にとっては、この制度は無関係ですね。

ではNISAの期限が切れるとどうなるかが気になってきますが、その場合は売却もしくは、課税対象の普通の口座に移行するかのどちらかになります。

NISAの非課税口座と一般の課税口座間で株や投資信託を移行させることで、最終的な損益を考えておくといいでしょう。

NISAで取引可能な商品はというと、ざっくりと分けると株と投資信託とワラント債というものになります。

株でもリスクが高い信用取引は含まれませんが、比較的低リスクな債券も対象外です。

人気のある外貨MMFなども含まれていないですし、金やプラチナといった先物やオプションも対象には含まれていません。

そして、FXなどのハイリスク型の金融商品も含まれません。

NISAが生まれた理由ですが、日本人は預金する傾向がとても高いため、預貯金の分を株式投資に利用できれば、経済が活性化するのではと考えられてのことだそうです。

つみたてNISAが誕生した理由も、長期的に投資資金に回されることが狙いのようですね。

NISAの最大のメリットといえばやはり非課税ということですよね。

せっかくのメリットを十分に活用するために、NISA投資のルールをきちんと確認しておきましょう。

120万円の非課税枠は使い切りです。

枠という言葉で取り違えやすいのですが、例えば50万円の株を購入した後に売却しても50万円分の枠は返ってこないということです。

もしかしたら誤解しているがいるかもしれませんので、解説すると、120万円迄という枠になっていますので120万円を超える金融商品は購入できません。

枠自体を持越しすることは出来ないので、年内に使いきれなかった分は消滅し、翌年に新たに120万の枠となります。

NISAをする上で5年後というのは大きなテーマになります。

というのもNISAというものは最長5年間という有効期限があるからです。

実際にこのタイムリミットが来た時にできることをまとめます。

一旦売ってしまうという方法が一つあります。

それから翌年のNISA枠にスライドさせるという方法もあります。

あとはNISAではなく普通の証券口座に移行するというのも可能です。

NISA枠をどう使って投資をするのかは、その人の考え方によって違うと思いますので一概には言えませんが、通常の証券口座に含み損が出ている株などを移すと、その時点で新たに買ったことになり当初の値段に戻っただけでも値上がり扱いとなることは知っておいてください。

NISAが始められるのは2023年までです。

これははじめから決まっていたことではありますが、これから始めたいと思っている方にとってはあとわずかな期間しかありません。

2023年まではすでに買っていて5年の期限が切れたものであっても、ロールオーバーといって持越しをすることができていましたが、これからNISAをはじめる方はあまり関係ないと言えるでしょう。

それでは2023年を迎えてしまったらどうなるかが気になってきますよね。

その場合は売却してしまうか、課税対象の普通の口座へ移すかのどちらかになります。

非課税口座と課税口座の間で移行させることで、最終的な売却時の支払いが損になるかならないかを見極めましょう。

NISAとはということについてシンプルに考えてみると、株や投資信託の売買益を非課税にするということです。

日本では2014年に開始した取り組みで、現在毎年120万円の非課税枠が設定されています。

実際には日本に住んでいる20歳以上という条件があり、ひとつの口座のみを持つことができます。

気になる非課税枠についてもう少し詳しく見てみると、配当や売買差益といったものがその対象になっています。

期間は最長5年までということになっていますが、現在保有しているも金融商品をNISA口座に移動させるということは残念ながら不可能です。

投資に興味がある方はNISAのはじめ方から勉強してみるのがいいかもしれません。

ただはじめるだけなら近所にあるゆうちょや銀行の支店などでもはじめられます。

とはいえゆうちょや銀行の場合、本当にただはじめてみるだけ、という人にしかオススメできませんので、堅実に収益を上げたいと考えている方には、ネット証券で口座を開設することを強くおすすめします。

基本的に銀行やゆうちょといった身近な金融機関で販売されているのは、ローリスクローリターンの金融商品となります。

初めての方には悪くはないと思いますが、収益を考えた場合物足りなさは否めません。

独占の金融商品に興味があるなどこれといった理由がないのであれば、売買手数料が安くて取扱い金融商品が豊富なネット証券が安定の選択肢です。

NISAは非課税という最大のメリットがありますがその一方でデメリットもあります。

1番のウィークポイントは損失の繰り越しができないということです。

含み損のある状態で期限である5年を迎えてしまった場合、証券会社であれば特定口座か一般口座に引継ぎとなりますが、NISAの場合、引き継いだ際に手数料はかからないのですが、引き継いだ額分、新たに買ったということになります。

50万で買った株が引き継ぎ時に25万円になっていたとすると25万円で買ったことになり、仮に30万円で売却したとすると5万円分が利益という扱いになってその5万円から税金が引かれるということになるんです。

ですから、引継ぎをする場合でも含み損が出ているようであれば、一度決済してから買い戻すほうが得策かもしれません。

そういう手間や手数料を全てひっくるめて総合的なコストが実際的なデメリットと言えそうです。

NISAでの投資信託は初心者向けと言われています。

理由はというと、投資にかかる費用が少額で済むからです。

現物株だと、1単元につき数万円から数十万円程度となりますので、投資できる数は限られてきます。

一度に大きな額を投資するという点で心理的なハードルも高いですね。

それとは別に、投資信託は複合的な金融商品のため、年間120万の枠があるNISAでも分散投資が可能です。

投資にまわす予算があまり取れない方にもおすすめですね。

プロに運用してもらうという性質上手数料や信託報酬といったコストが掛かってくるのでその点は理解が必要です。

NISAは解約できるのかどうかは気になる方もいらっしゃると思いますが、解約手続きはできますのでご安心ください。

但し条件があって、残高が0にならないと解約はできません。

証券会社や銀行などによって、解約手順は多少異なると思いますが、解約手続きをするための案内にしたがって手続きを進めることになります。

もう少し具体的にお話すると、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類が必要になります。

必要な書類は、申し込みをした段階で送付されてきます。

いつでも解約できるというのは、原則60歳まで解約できないiDeCoと大きく異なります。

解約しやすいということは、それだけ始めやすいとも言えます。

NISA変更というと今契約しているNISAを別の証券会社や銀行に変更したいというケースがあると思います。

NISAの口座は制度がはじまった当初から少しかわって、1年に1回変更することができるようになりました。

あるいは、通常のNISAを「つみたてNISA」に変更したい場合もあるかと思いますが、こちらの手続きも同様に1年に1回対応してもらえます。

ここでポイントとなるのが、変更前に買った株や投資信託などの金融商品が、変更する時に強制的に解約する必要があるかどうかです。

結論からいうと、そこは大丈夫なのでご安心ください。

前年度に買った金融資産はそのまま持ち続けることが可能です。

もちろんNISAの枠組み制限はそのままですからその点は注意しましょう。