NISAによる資産形成の話は実際にやってみるかは難しい問題ですよね

資産運用界隈では良く耳にする話題です

雑誌などでも目に触れる機会があると思います。

預金してもメリットが少ないからこれからは投資だといわれても、増えないからといって減ってしまうのはもっと嫌ですよね。

投資家ではなく、一般人が生活の上で投資を始めるときに最初に考えなければいけないのは、リスクよりもまず、何のためにやるのかという目的です。

子供のためにまとまったお金を用意しておきたいと感じたなら、まずは数年先の社会を予想してみてはいかがでしょうか。

将来有望そうな企業を見つけて株を投資したり関連する投資信託を選ぶなど目的に合わせて投資を考えてみましょう。

NISAの口座開設を考えているなら、まずはじめに考えるなくてはいけないことは、どこを選ぶかということでしょう。

NISAの口座は一人一つしか所有できませんので、対応する金融機関の中からどれが一番いいか厳選する必要があります。

一番人気があるのは証券会社ですね。

中でもネット証券は手数料が安いのでおすすめです。

あとは、単純に安さだけではなくキャンペーンなども合わせて比較すると良いですよ。

例えば売買に必要な手数料が無料になるというものもありますし、キャッシュバックキャンペーンを開催している証券会社もあります。

投資金額があまり高額でなければ、キャンペーンを重視するのもありです。

NISAの解約可否について気になるという方もいらっしゃると思いますが、解約手続きはできますのでご安心ください。

ただし条件があって残高があると解約はできません。

証券会社や銀行などによって、解約手続きは多少違うと思いますが、廃止手続きの手順に従って進めることになります。

もう少し具体的に言うと、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類といっしょに送付することになります。

必要な書類に関しましては、手続きを申請した段階で郵送等で送付されます。

解約しようと思えばいつでも解約できるというのは、原則60歳まで解約不可なiDeCoと大きく異なります。

解約しやすいということは、それだけ始めやすいとも言えます。

NISAとジュニアNISAの異なる点について気になってきますが、通常のNISAですと、自分のために口座を開設してお金を出し投資していくことになります。

一方、ジュニアNISAは、0歳から19歳までの子供やお孫さんのために、親や祖父母などが代理として運用していくことになります。

NISA口座が開設できない未成年のための仕組みという面と、子供や孫の備えという面の二つがあります。

18歳まで払い出しが原則できないという制限があり、20歳になりましたら、自動的にNISA口座に変更されます。

制度終了後に非課税期間を満了したとしても、一定の金額までは20歳になるまで引き続き非課税というのは大きなメリットですね。

NISAは非課税という最大のメリットがある一方でデメリットも存在します。

1番のウィークポイントは損失の繰り越しができないということです。

含み損のある状態で5年を迎えた場合、証券会社であれば特定口座か一般口座に引継ぎとなりますが、NISAの場合、引き継いだ際に手数料はかからないのですが、その値段で新たに買ったということになります。

50万で買った株が引き継ぎ時に25万円になっていたとすると25万円で買ったことになり、仮に30万円で売却したとすると5万円分が利益という扱いになってその5万円から税金が引かれるということになるんです。

そのため、引継ぎをしたい場合は含み損が出ているときは一度決済してから買い戻すのが現実的かもしれません。

そういう手間や手数料をひっくるめてデメリットと言えそうです。

NISAの最大のメリットは非課税だということですよね。

NISAの利点を十分に活用するために、NISA投資のルールをきちんと確認しておきましょう。

毎年与えられる120万円の非課税枠は使い切りです。

よく勘違いされやすいのですが、例えば30万円の株を買ったあとに売却しても30万円分の枠は返ってこないということです。

念のため解説すると、120万円迄という枠になっていますので120万円を超える金融商品は購入できません。

枠自体を持越しすることは出来ないので、年内に使いきれなくても翌年その分増えるということはありません。

NISAで1万円から始めたいと思っています。

生活のバランスを崩さないように貯金もしつつそのうちのいくらかを投資に回してみる。

という類のことを言う人もいますしそう考えるといいことのような感じがしてきますが、本当のところ少額の投資では少額の取引自体のリスクがあったりします。

基本的に投資の世界では株式取引が中心になりますが、株を実際に売買しようとすると1つの銘柄でも数万円から百万円近く必要になります。

こうなってくるとお金があることが実質的な条件になってきますし、特定の1つの会社がどうなるかなんてそこまで信頼できることでもありませんから、ある程度の資金があるとしてもやはり機関投資家ではないので限界はあるわけです。

投資信託であれば金融で仕組み化している分の手数料がありますがバランス投資が低予算でも実現できます。

NISA投資におすすめなのは何になるでしょう?

もし投資自体が初めてという方であれば、まず先に分かっておく必要があるのはNISAだからどうかということではなく、リスクリターンという両面性についてです。

預金より投資のほうがリスクが大きいという比較してどうかという話ではなく、どういう経路をたどって可能性としてのリスクが現実のものになるのかを知ることです。

株の場合はその会社の先行きが不透明になると売られていって値が下がることがあります。

投資信託は比較的身近な金融商品として知られていますが、投資先の金融商品が経済の状況の変化とどういうふうに連動していくのかは考えておいた方がいいでしょう。

あとはもちろん自分がなぜ投資をするのかということを合わせて整理するとおすすめは自然と見えてきます。

NISAを銀行でやろうと思っている方って実際にはどれぐらいいらっしゃるのでしょうか。

取引先にすすめられて…などいわゆるしがらみのようなものがないのであれば、取扱い金融商品が豊富で、基本的には手数料が安いネット証券がおすすめですよ。

もちろん、ゆうちょや銀行など身近にある金融機関では、NISAって何?というところから丁寧に説明してくれますから、面と向かってやり取りした方が安心という方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISAの最大のウリである非課税になるというのは、出て行くお金が少なくなるというメリットですから、どうせなら手数料もできるだけ下げていきたいですよね。

極力リスクを下げることも考えて銀行にするかどうか決めましょう。

NISAで取引可能な商品はというと、ざっくりと分けると株と投資信託とワラント債というものになります。

ただし、株でもリスクが高い信用取引は含まれませんし、割と低リスクとされる債券も対象外になっています。

外貨MMFなども含まれていませんし、金やプラチナといった先物やオプションも対象外です。

FXなどのハイリスク型の商品ももちろん含まれません。

NISAが生まれた理由ですが、日本人は預金する傾向がとても高いため、預貯金する分を投資に回すことができれば、経済全体が活性化するのではと考えられて作られたのだそうです。

つみたてNISAが後継として生まれたことからも、長期的な運用が狙いのようですね。

NISAの最大のメリットは非課税だということですよね。

NISAならではのメリットを十分に活用するために、NISA投資のルールを確認しておくことが重要です。

毎年120万円の非課税枠が与えられますがこれは使い切りです。

枠という言葉で取り違えやすいのですが、例えば30万円の株を買ったとして、後に売却しても30万円分の枠は返ってこないということになります。

こちらは誤解している人はあまりいませんが念のため解説すると、120万円までという枠なので120万円を超える商品は購入できません。

枠そのものを持越しすることもできませんので、年内に使いきれなかった分は消滅し、翌年に新たに120万の枠となります。

現在契約しているNISAを別の証券会社等に変更したいというケースがあると思います。

NISAの口座はスタート当初より少し変更になっていて、1年に1回変更することができるようになりました。

もう1点、普通のNISAからつみたてNISAに変更したいという場合があるかと思いますが、こちらの手続きも1年に1回変更可能となっています。

ここで心配になってくるのが、変更前に購入した株や投資信託が、変更する時に強制的に解約しなければいけないのかどうかだと思います。

しかしその点は大丈夫なので安心してください。

前年度に買った金融資産はそのまま持ち続けることが可能です。

ただし、NISAという枠組み自体の制限は忘れないように気を付けましょう。

NISAのリスクには大きく分けて2種類があります。

1点目は、NISAという仕組み自体が抱えているリスクを紹介します。

NISAは利益に対して非課税というのが最大のメリットなのですが、損失が出てしまったときに損益通算ができません。

このことは源泉徴収ありの特定口座でも同じことが言えるのですが、NISAで注意しなければいけないのが5年間という期限があるところです。

期限が切れそうなときに通常の口座に移動させることはできるのですが、そのときに含み損がでていたとしてもそれが考慮されないのです。

一度売ってから、再度買い戻しをすることになると手間がかかります。

あとは金融商品自体にリスクというのは当然あります。

NISAによる資産形成はちょっと前まで結構話題になっていましたし、雑誌などでも目に触れる機会があると思います。

ですが実際にやってみるかは難しい問題ですよね。

預金してもあまり増えないからこれからは投資だといわれても、増えないからといって減ってもいいわけじゃないですしね。

投資家ではなく、一般人が生活の上で投資を始めるときに最初に考えなければいけないのは、リスクよりもまず、何のためにやるのかという目的です。

子供が大人になった時にまとまったお金が必要になるかもしれないと感じたなら、まずは数年先のことを予想してみるといいですね。

将来有望そうな企業を見つけて株を投資したり関連する投資信託を選ぶなど目的に合わせて投資を考えてみましょう。