リフォームローンを金利で比較するならどの銀行がおすすめ?

リフォームローンで受けられる控除は所得税の控除が可能です。

控除の申告をするとその年の所得税からリフォーム工事費の10%(限度額あり)が還付されるというものです。

対象となるリフォーム工事の内容と限度額に関しましては条件があり定められています。

省エネ、耐震、三世代同居の場合は25万円、バリアフリーのするためのリフォーム工事では20万円と定められています。

控除の必須要件として自身が所有し居住することや所得が3000万円以下でないと適用されないなどがあります。

リフォームローンの一体型とはどのようなローンなのか知っていますか?簡単にいうと住宅ローンとセットになったローンです。

中古物件を購入しリノベーションするなら一体型ローンが良いかと思います。

リフォームローンは住宅ローンと比べて高金利なので1本化することでリフォームも低金利が適用されるメリットがあるからです。

但し、注意点もあります。

それは、事前審査においてリフォームの見積書が必要になる可能性があるほか、申込の際には工事請負契約書が必要になることがあります。

それ故、物件探しとあわせてリフォーム業者を探し、見積もりなどを取っておく必要があるのです。

リフォームローン金利比較を効率的に行う時は口コミで話題の比較サイトを利用するのがおすすめです。

比較サイトであればいくつもの金融機関がまとめて掲載されていますし、限度額や借入れ条件を簡単に比較できます。

金利や借入限度額、審査時間など条件にごとに並び替えができますよ。

比較サイトによってはリンクが貼ってありますので検索しなくても見たいHPにすぐ行くことができます。

自宅で口座を開設できるネット銀行が広く普及してきたことから自宅に居ながら利用できるローンが増えています。

リフォームローンを組むことになった場合。

いくら借りられるかというのは、リフォーム工事をする上で最重要項目といえます。

しかし、リフォームローンは住宅ローンと比較して借入限度額はわずか1/10程度となっています。

リフォームローンで融資してもらえる最大金額は500万円から1000万円程度です。

リフォームローンの金利は2から5%と高く返済期間は最長10年から15年と短いので、借入金額が多いと返済額が莫大に膨れ上がってしまいます。

返済に無理のない借入額をきちんとシミュレーションすることがローン組む上で重要です。

リフォームローンのシミュレーションというものは金融業者のHPで試算できます。

検索サイトで「リフォーム シミュレーション」と検索すると数多くヒットするので希望のサイトへアクセスします。

借入希望額、返済期間などを入力すると月ごとの返済額が即座に算出されますよ。

個人情報の登録をせず試算することができますのでローンを組もうとしていることばばれてしまうのではという不安を抱く心配はありません。

返済額の計算は複雑なため、素人では試算が大変ですので、リフォームローンを考えている方は積極的に利用しましょう。

金融機関より借り入れたリフォームローンが余ってしまった場合、金融機関に申告したり返金する必要性はあるのでしょうか?融資される金額は業者の見積書などによって決定するため余剰が出るケースは稀ですがそのままにしておくと架空請求みたいで不安になりますね。

一方で、建設業界では追加費用が発生しても困らないように見積もり時に上乗せ融資をすすめてくるリフォーム業者もいます。

また、追加融資が難しい金融機関においてはいくらか多めに上乗せ融資をしたらどうかと勧めてくることがあるようです。

融資を受けたのにリフォームをしなかったという事でもない限り、最終的に完済されれば問題はありませんし、そのまま放置していても構わないようですが気になってしまう人は繰り上げ返済をしておくとよいでしょう。

リフォームを行うにあたって必要となってくるのがリフォームローンの頭金です。

その料金は施工業者によって違うようです。

工事に取り掛かる前に頭金が必要になる業者や工事が完了次第一括払いでお支払いくださいという業者もいます。

金額についてもリフォーム業者によってかなり違ってきますので少なくとも2 3の施工業者から見積もりを取ることをおすすめします。

頭金の金額は工事費用の1割から2割くらいが一般的ですが、契約前にも関わらず先に用意しておきますねと、手際が良い風を見せかけて資材費を請求してくる業者もいます。

後で費用の追加請求などをされないためには事前に業者に確認して、その内容を契約書に記載させることです。

納得できるリフォームローンの選び方というのは金利だけを重視しないということです。

借入れ可能な期間や上限金額や保証人や担保についても良く考える必要があるでしょう。

また、団信の加入可否についてや手数料などの諸費用も比較要件です。

建材会社には自社の商品を使ってリフォームすることで金利0%かつ無担保ローンというのを提供してくれる会社もあるのです。

リフォームローンはとかく種類が多いので探すのが大変と言う人はローン対応のリフォーム会社に相談するのもいいでしょう。

口コミ評価の高いオリコのリフォームローンをご紹介します。

オリコのリフォームローンはWebリフォームローン仮受付がかなり便利です。

わざわざ金融機関に行くこともなくパソコンから手軽に申し込みができ審査も最短で2日という速さなので銀行へ出向く必要性がありませんね。

オリコのリフォームローンは固定金利が適用されるのですが、保証人や担保、保証料などを用意しなくて良いという最大のメリットがあります。

使い道として改修工事やリフォームだけに留まらず太陽光発電システム設置工事などにも利用できます。

ローンを申請する際の注意点として、仮受付の申し込み時にはオリコとの提携販売会社やリフォーム会社との契約が必要であり、販売店コードまたはIDを入力しなければいけませんのでご留意ください。

リフォームローンを利用するに当たり気になるのは口コミだと思いますが、評価が高い金融業者が良いとは限りません。

低金利なローンであれば多くの人が希望するのは必然ですので審査が厳しい傾向にあります。

厳しい審査ですから、多くの人が涙を飲む結果となり怒り心頭状態で悪い口コミを書いてしまうということは珍しくありません。

なので、偏った口コミに流されてローンを選んでしまうと自分に条件に合致した商品を見落としてしまうかもしれません。

特に金融関係の口コミを参考にする際には、口コミの件数に囚われず付けられた評価が、なぜその評価なのかという理由まで見る必要があるのです。

口コミで人気のアプラスのリフォームローンはTポイントを貯めることができます。

申し込める条件として、20歳以上65歳未満、安定収入がある人で返済回数は最長84回(7年)で、融資可能額は10万円以上300万円以内という比較的ライトなローンです。

アプラスの金利ですが、短期融資となりますので7.20%から14.40%と少々高めの設定となっています。

ネットで申し込みが可能なことや保証人・担保が不要で、小規模なリフォームには適しています。

シミュレーションも詳細な条件を設定できますので、アプラスのリフォームローンをもっと詳しく知りたいという方は、HPをご覧になってみては如何でしょう。

低金利でリフォームローンを借りる方法は担保型のローンを選びましょう。

リフォームローンには主に担保形と無担保型と呼ばれるものがあり金利相場や借入期間、借入可能額などに違いがあります。

無担保型の場合借入期間は最長10年から15年で借入れ可能な上限金額は500から1000万円ですが、担保型であれば期間は最長で35年、上限金額は1000万円から1億円に跳ね上がります。

金利に関しては長期借入する方が低金利になりますので無担保型が約2から5%という利率に対して担保型は約1から2%という低い金利となります。

そのほか、貸付金利タイプでも差があって変動金利と固定金利とでは変動金利の方が低金利となります。

知っていましたか?リフォームローンの金利相場は市場金利に応じて上下します。

担保があるかないかによっても金利が変わり近々では有担保型なら1から2%、無担保型なら2から5%が相場となっています。

金利タイプは2種類に分けられ変動金利型と固定金利型の2種類に分けることができます。

変動金利型というのは市場金利に比例して半年ごとに金利が更新されるローンで固定金利型というものは市場金利の変動に関わらず、金利が一定のローンです。

更に固定金利型には完済まで金利が継続される長期固定金利型と指定したある期間内だけ固定金利で、満了するごとに長期型か変動型に指定する固定金利選択型があります。

リフォームローンの金利についてですが金融機関によってかなり異なります。

低い金利になると1%台からありますが、金利は15%近いという金融機関もあります。

2種類の金利体系があり変動と固定という2つの金利体系があります。

変動金利のメリットとして金利が低いというのがありますが、景気の動向に応じて金利が変動するリスクがあります。

その点、固定金利であれば完済まで金利が変わることのない安心感はありますが、元々金利が高いというデメリットがありますし、相場が下がっても自分は高い金利のまま返済をしなければならないというリスクもあります。

楽天のリフォームローンといえば【フラット35(リフォーム一体型)】と呼ばれる商品があります。

住宅の購入資金+リフォームの工事資金を合わせひとつのローンで融資が受けられる商品です。

2016年10月からは新しく【フラット35】リノベという商品が発売されました。

フラット35(リフォーム一体型)と相違する点は0.6%の金利引き下げが受けられることになります。

注意点として、工事前に適合している基準は対象とならないことや【フラット35】Sとの併用はできません。

参考:リフォームローン金利比較ランキング!【審査通りやすい銀行は?】